1980年東京生まれ。

デザイン歴16年、独立して「まち×農業×デザイン」を始めて10年目。

東京を中心にマーケティングを軸にしたブランディングデザインを行なっています。

 

東京都商工会連合会 多摩島嶼経営支援 専門家

東京都立産業技術研究センター 技術指導員

東京都農林水産振興財団 専門家

東京NEO-FARMERS! 応援メンバー

 [HP][Facebook][日経オンライン掲載記事][ガイアの夜明け]

 

【資格/認定】

 一般社団法人ブランドマネージャー認定協会 ブランドマネージャー1級

 日本野菜ソムリエ協会 ジュニア野菜ソムリエ

 一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会 UCDA認定2級 

 

【メディア】NEW!

 イカロス出版2017年vo.17「農業ビジネスマガジン」に表紙&中ページ7ページに渡り

 掲載されています(2017.4)

 https://secure.ikaros.jp/sales/list.php?srhm=0&tidx=78&Page=1&ID=3903

 

 西多摩経済新聞様に掲載いただきました(2013.1.11)※個人事業時代

 http://nishitama.keizai.biz/headline/336/



【2000-2006年】

デザイン専門学校グラフィックデザイン科(渋谷)を卒業後、複数のデザイン会社や一般企業(銀座、代々木、新宿)で経験を積むことができました。企画段階からのテレビ局の番組ポスターを始め、商業ビルのキャンペーンポスター、企業の社内報、リゾートホテルのアメニティなどを担当。

その途中、内外装造形施工会社(府中)にて石膏制作やFRP造形など職人さんたちの技術とお人柄に感動しながら、日夜アシスタントスタッフとして段取りの大切さやあらゆる細かな作業も思う存分経験。

この頃の趣味は国内一人旅とライブ。上は青森、下は京都まで、カメラ片手に土地土地を見て回っていました。

 

 

 

2007年】

大量生産大量消費のデザイン業界に違和感を持ち、違う業界への転身を検討していたとき「農業」という仕事に出会う。冬の山梨の有機農家さん宅に泊まり込みでボラバイトをして「天職だ!」と思ってからは、東京で農家になるためのアルバイトや講座受講など情報収集に燃えに燃える日々が続く。当時は東京で農家になるということはものすごく大変だということも知らずに…。

 

【2008年-】

忘れもしない5月、お茶農家さんのアルバイトに面接に行った際「ウチのデザインやってよ」という運命的な一言がきっかけで、「アイディア工房コトリデザイン」として地域と農業のブランドづくりがスタート。

同年8月、その方の多大なるご協力により東京都瑞穂町の職人・農家の方々15組とJOYFUL-HONDA内2階JOYFUL-2様にて”あたらしいまちのPRイベントプロジェクト「東京みずほ学校」”を企画運営し、13日間開催しました。店長さんや商工会さん、小学校中学校さん、そして職人・農家の方々の全ての方のアイディアが盛り込まれた展示イベント会場は常に賑やかで、あらゆる方が応援に来てくださり、ご来店のお客様にも楽しんでいただけた、奇跡的な日々をつくりあげる。

その後「東京みずほ学校」は不定期で都内イベント出店町内での農園イベントに発展し、その流れで6組の地元職人さんたちと「東京みずほ新聞(毎月1,000部)」の発行を行なう(現在全て休止中)。

これらがきっかけとなり、デザインやブランディング、講師のご依頼をいただくようになり、仕事の幅が一気に点から線となる。

それからは「現場主義」をモットーに、地域と農業関係へのデザイン制作のほか、イベントディスプレイの企画ワークショップなど「まち×農業」を軸にして幅広く行なう日々が続く。

 

 

2015年】

8年目の5月1日、業務拡大に伴い屋号を「コトリコ」に新しく変更し、新しいスタートを切る。

 

 2016年】

業務拡大・新規事業立ち上げを目的として1月5日に法人化。

株式会社コトリコとして気持ちを新たに再スタート! 

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。